【保存版】野菜不足が引き起こす症状の種類と対策について

MENU

【保存版】野菜不足が引き起こす症状の種類と対策について

普段何げなく食べている野菜ですが、この野菜には人の生命維持にかかせない非常に大切な栄養素が含まれている事はご存知でしょうか?野菜は食べているといっても、いつも同じ野菜しか食べないとなると、またそれはそれで栄養が偏ります。野菜を摂らないせいで栄養不足に陥るとどんな症状が引き起こされるのでしょうか。

 

野菜不足が引き起こす症状で、私達が感じやすい体の変化と言えば便秘でしょう。多くの野菜、特に根の野菜と呼ばれるコンニャクや大根などには食物繊維が豊富に含まれています。これらの不溶性食物繊維は、水分を吸収し膨らむので腸のぜん動運動を促します。また同じく根の野菜でごぼうがありますが、ごぼうは水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は水に溶けて他の食品の水分を包み込み、体の中の余計な成分の吸収を抑えて体外に排出させます。それはいらないコレステロールや脂肪も含まれるので、野菜が不足すれば便秘とともに肥満につながる事も可能性として十分にあります。

 

そして、腸内に便や有毒物質が溜まる事で伴う弊害が肌荒れです。肌荒れはそもそも野菜不足で引き起こされやすい症状でもあります。野菜にはビタミンA、ビタミンC、そしてこの2つの吸収を良くするビタミンEが含まれています。ビタミンAやビタミンCは肌の健康維持に欠かせない栄養素です。これらが不足すれば肌は乾燥し、体の酸化が進んで活性酸素が発生するので皮膚の老化が早まります。その結果シミやシワ、肌がくすむといった症状が引き起こされやすくなります。
肌は口の中の粘膜も肌と同じですので、ビタミンBの不足により口内炎が発生しやすくなります。

 

ビタミン類は肌だけでなく、血中の白血球の働きを弱めるため免疫力が低下します。そのため風邪をひきやすくなったり、感染症を引き起こしたりしやすくなります。その他野菜にはカリウムや鉄分が含まれているので、それらが足りないと貧血気味になる、体内の塩分が排出されにくくなるので血液中の塩分濃度が高まります。それを補おうと血管内の血液量が増加するため高血圧や動脈硬化を引き起こし、それが原因となって起こる脳梗塞や心臓病など命に関わる病気も考えられます。さらに野菜不足はイライラ感を増やすと言われているのですが、それはビタミンB1や葉酸の不足による精神機能の崩れです。それでうつ病や情緒不安定になる可能性もあります。

 

野菜不足は徐々に体に異変をもたらすので、はじめは気付かない事も多いのです。1つの症状が別の症状や病気を引き起こす事も多いので気を付けたいですね。

更新履歴